納棺から納骨までにやっておくこと

葬儀・告別式を進行する

本来、葬儀と告別式とでは目的の違う儀式として分けられていましたが、最近では葬儀と告別式を同時に行うケースが増えています。

着席する

遺族および親族は、葬儀が始まる10〜15分前には着席します。それ以外の会葬者は受付をすませたあと、世話役など関係者の案内に従って着席します。

僧侶の入場、開式の言葉

会葬者が全員着席したのち、僧侶が入場します。このとき、会葬者は椅子席であれば起立し、座敷であれば正座で黙礼して僧侶を迎えます。

僧侶が着席したら、司会者が開式の言葉を述べて、葬儀開式を伝えます。

僧侶の読経を聞く

僧侶の読経で葬儀が始まります。読経の時間は、葬儀の規模などによっても異なりますが、30〜40分くらいが目安です。そのあいだ会葬者は静かに聞いています。

また、宗派によっては、引導あるいは授戒を行います。必要ならば、作法などを僧侶に確認しておきましょう。

引導

死者を浄土へ導く儀式。本来は存命中に仏道の教えを授けて、成仏へと導きます。

授戒

死者に仏教徒としての戒律を授ける儀式。仏前で剃髪を行い、仏弟子となったことを認める授戒式を行います。

弔辞奉読

僧侶が読経するのを一時止め、司会者などの紹介によって会葬者からの代表から弔辞を読んでもらいます。

故人の葬儀では、弔辞はふつう1〜3名まで。省略される場合も少なくありません。

弔電紹介

前もって遺族が選んでおいた弔電を司会者が読み上げます。ふつう4〜5通程度で、時間がない場合などは省略します。

また、差出人の名前だけはすべて読む場合もあります。

焼香する

僧侶が再び読経を始め、焼香をしたのち、僧侶の合図により会葬者の焼香が始まります。焼香は喪主、遺族、一般会葬者の順となります。

一般会葬者が焼香する際には、喪主や遺族は黙礼をして返礼します。

喪主があいさつをする

会葬者全員の焼香と僧侶の読経が終わったら、僧侶が退場します。会葬者に対して、会葬してくれたことに対するお礼のあいさつを述べる場合があります。ここでお礼を述べない場合は、出棺時にあいさつします。

最近は出棺時にあいさつするケースが増えているので、どのタイミングであいさつをするかを、進行を取り仕切る葬儀社の人と相談しておきます。

どちらにしても、あいさつ文の内容は同じです。喪主はいざあいさつするときになって慌てないためにも、事前にあいさつ文を考えておきましょう。

葬儀・告別式を終える

司会者が閉式の言葉を述べて、葬儀・告別式が終了となります。

告別式を別に行う場合は、葬儀終了後に15〜20分間の休憩をはさんで始めます。葬儀と告別式を別に行う場合の式次第は下記の信仰が一般的です。

葬儀の式次第

  1. 開式の言葉
  2. 僧侶入場
  3. 僧侶の読経
  4. 弔辞・弔電
  5. 僧侶や会葬者の焼香
  6. 僧侶退場
  7. 喪主のあいさつ
  8. 閉式の言葉

告別式の式次第

  1. 僧侶入場
  2. 開式の言葉
  3. 僧侶の読経
  4. 一般会葬者の焼香
  5. 僧侶退場
  6. 閉式の言葉
PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.