納棺から納骨までにやっておくこと

打ち合わせをする

葬儀・告別式の進行について、事前に世話役、遺族、さらに葬儀社と打ち合わせをし、お互いの役割などを再確認しておきます。

世話役と打ち合わせをする

遺族は基本的に葬儀の準備は手伝わず、ほとんどは世話役にまかせます。しかし、葬儀を行う前に、各自の役割分担と式次第の進行については最終的な確認をしておきましょう。特に通夜とは役割の異なる人、葬儀・告別式から世話役を担う人には、式場の様子も含めて念入りに説明をしておきます。

それぞれの世話役の役割については通夜のときほとんど変わりませんが、担当によっては仕事が増えることもあるため、もう一度確認しておきましょう。

車両係

霊柩車など火葬場へ行く車の出入りが増えるので、交通整理や誘導をする係が必要です。

受付係

葬儀当日になって供花や供物、花環の申し入れがあるかもしれません。その場合は、至急葬儀社に伝え、手配してもらいます。

進行係

葬儀の進行全般のスケジュールを管理。弔辞や弔電を読む人数などを時間配分に合わせて決めます。また、葬儀・告別式の司会を担うこともありますので、弔電や弔辞を読む際の名前などの漢字の読み方はあらかじめ確認しておきましょう。

会計係

いただいた香典を香典帳と照らし合わせて金額に間違いがないかどうかを確認します。香典の保管についてはあらためて誰に渡すかなど確認しておきます。火葬場や精進落としなどで必要な小口現金なども準備しておいたほうがよいでしょう。

接待係

茶菓を出すなどの僧侶の接待や精進落としの料理、飲み物の手配や配膳などを担当します。また、火葬場の待合室での接待を手伝うこともあります。

遺族で話し合う

葬儀の進行については葬儀社のほうで取り仕切ってくれるので、その指示に従って行動すればよいでしょう。

ただし、弔辞や弔電についてなど遺族でなければ決められないこともあります。

スムーズに進行できるよう、あらかじめ決めておくことが肝心です。

弔辞の依頼

会葬者の代表が故人に贈るお別れの言葉を弔辞といいます。ただし、故人の葬儀では弔辞を行うことは少ないようです。

もし弔辞を行う場合は、故人が生前に親しくしていた友人や仕事上で関係の深かった人などに頼みます。誰に依頼するのかを決め、引き受けてもらえるものであれば、どのくらいの分数でまとめてもらいたいのか、おおよその時間も伝えておきましょう。弔辞にかける時間は葬儀社や進行係などに聞いておきます。

弔電の選択と順番

都合により弔問できない人が、故人に向けてお別れの言葉や遺族に対してお悔やみの言葉を打った電報を弔電といいます。通常は4〜5通を司会者が読み上げます。故人との縁の深さを考慮して、誰の弔電を読んでもらうか、どの順番で読んでもらうかを決めておきます。

届いた弔電すべてに目を通してから、読み上げるものを決めるようにします。

あいさつ文を考える

葬儀・告別式の最後、または出棺の際に、喪主か遺族代表が会葬者に向かってあいさつをします。

遺族は、誰があいさつをするかを決め、あいさつ文も考えておきましょう。

あいさつの内容は、会葬のお礼や故人が生前お世話になったことに対する感謝の気持ちを簡単に述べる程度でかまいません。

続いて式場での席次や火葬場に同行する人を決めます。また、最終的に式次第が決まったら、僧侶に確認してもらうと安心でしょう。

席次

基本的には通夜と同じです。祭壇に向かって右側に喪主や遺族、親族が座り、左側に世話役代表やその他の関係者、友人や知人が座ります。葬儀が終わり告別式に入ったら、一般会葬者に背を向けないよう座る向きを変えます。

火葬場に同行する人

火葬場には遺族や親族、故人と特に親しかった友人などが同行します。葬儀が終わったあと、スムーズに火葬場へ向かえるよう、誰が火葬場に同行するか決めて、人数を葬儀社に伝えます。

葬儀社と打ち合わせをする

葬儀の進行などについて、葬儀社と打ち合わせをします。ここで、世話役や遺族との話し合いの内容なども伝えておきます。

PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.