納棺から納骨までにやっておくこと

出棺をする

葬儀後、故人と最後の対面をします。別れ花を棺に入れ、くぎ打ちを行って出棺となります。このときに出棺のあいさつをします。

最後の対面をする

葬儀・告別式が終わったら、故人と最後のお別れをします。棺を祭壇から降ろし、遺体の頭が北を向くようにして置きます。棺のふたを開け、遺族や故人と親しかった人が最後の対面をします。このほかに、故人と対面したいと希望する人がいたら、お別れをしてもらいます。

お別れの際には、遺体のまわりを花で飾ります。葬儀社の人が供花の花を盆などに入れてくれるので、それをもらってみんなで飾っていきます。また、故人の愛用品などを棺に入れてあげてもよいでしょう。

お別れがすんだら、くぎ打ちを行います。棺のふたを閉じ、途中まで打たれたくぎを石で打ち込む儀式です。喪主、遺族、知人や友人の順番で、各人がくぎを2回ほど軽く打ちます

この石は、三途の川にある河原の石を意味していて、故人が無事に浄土へたどり着けるようにという祈りが込められています。ただ、地域や宗派によっては行わないところもあります。また最近では、くぎ打ちを行うケースは少なくなっています。

棺を霊柩車に運ぶ

くぎ打ちを終えたら、棺を霊柩車に運び出棺となります。

棺は遺族や故人と親しかった人など5〜6人の男性で運びます。このときは遺体の足を前に向けて運び、その向きのまま棺を霊柩車に入れます。

出棺の際は、喪主が位牌を、遺族代表が遺影を持って棺に続きます。

出棺にあたっては、死者の霊が戻れないように、玄関からは出ない、出棺の際に故人の茶碗を割るなどのしきたりがあります。地域によって違いがありますので、年配者や葬儀社の人に確認しておきましょう。

喪主があいさつをする

棺を霊柩車に入れたら、喪主と遺族はあいさつをするため会葬者に向かって並びます。位牌や遺影は持ったまま、それぞれを会葬者のほうに向けます。

そして、喪主が会葬のお礼を述べます。あいさつは世話役代表が述べてもかまいません。

喪主のあいさつが終わったら、遺族一同は会葬者に向かって一礼します。

なお、あいさつは出棺のときだけにしたり、葬儀・告別式のあとだけにしたりと様々のようです。葬儀社と相談して決めてください。

火葬場に向かう

棺を乗せたら霊柩車を先頭に、遺族の乗った車が続いて火葬場へ向かいます。

基本的には霊柩車には葬儀社の人が同乗し、喪主や遺族は次の車に、その次に故人と縁の深い人が乗る車が続くようにします。僧侶が同行する場合は、喪主とともに乗り、最上席に座ってもらいます。

最近では、葬儀社が所有する専用のマイクロバスで向かうこともあります。

火葬場へ向かうときは以下のものを持っていきます。

  • 位牌
  • 遺影
  • 死体火葬許可証

以前は、香炉骨箱なども持参していきましたが、最近はほかの用具とともに火葬場に用意されていることが多いようです。

火葬場では30分〜1時間ほど待つことになりますので、その間の茶菓などは、あらかじめ手配しておきましょう。

PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.