納棺から納骨までにやっておくこと

会葬者の受付をする

葬儀・告別式当日の受付は、ほぼ通夜と同じ流れで行います。受付では受付帳に記入してもらい、式場へ案内します。

準備をする

受付台を用意します。通夜と同じく、筆記具や受付帳、供物帳を準備します。

最近は、葬儀後に会葬者に会葬返礼品などを渡すことが多いですが、受付時に渡す場合も見られます。その際は、スムーズに渡せるよう品物を紙袋に入れておくなどしてセッティングしておきます。会葬者は受付開始直後に集中しやすいので、最初に多めにセットしておきましょう。返礼品を渡す専任者が必要であれば、受付の人数を増やします。

受付を開始する

受付は葬儀・告別式が開始されるおよそ30分前より始めます。

会葬者が到着したらあいさつをし、受付帳に氏名や住所などを記入してもらいます。供花・供物をいただいたら、供物帳に会葬者の名前などを記入して、世話役代表に伝えます。

香典を預かった場合は、すぐに会計係に渡すか、手持ち金庫を用意してその中に保管しておきましょう。

なお受付は、遅れてくる会葬者のために葬儀の終了間際まで続けるので、葬儀が始まったら受付係はそれぞれ交代で焼香をすませます。

受付を終了する

葬儀・告別式が終わったら、受付も終了となります。

受付係は、受付帳や供物帳などを喪主や世話役代表に渡します。香典は会計係に渡しましょう。

PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.