納棺から納骨までにやっておくこと

4.遺体の処置をする

医師が死亡を確認したら、故人を送るための末期の水をとり、遺体を清めます。そして死後硬直が始まる前に着替えをさせます。

末期の水をとる

末期(まつご)の水とは、故人に与える最後の水のことで、死に水ともいわれます。釈迦が臨終の際に水を欲したことに由来しており、死後の世界でのどが乾かないようにと与えるもので、死出(しで)の旅へ送り出す意味合いがあります。

末期の水は、新しい筆か、割り箸などの先にガーゼをくくりつけたものに茶碗などに入れた水を含ませて、故人の唇を湿らせます。

末期の水をとる順番は、故人の配偶者、子、故人の両親、故人の兄弟姉妹と血縁の濃い順に行い、臨終の際に居合わせた者全員が行います。ただし、小さな子供に関しては、させる必要はありません。

遺体を清める

末期の水をとったら、故人をきれいな体で旅立たせたいという思いを込めて遺体を清めます。

以前は湯灌(ゆかん)といって、たらいに水を入れ、これにい湯を足した逆さ水で遺体を洗っていました。現在はアルコールを用いてガーゼや脱脂綿で遺体を拭く清拭(せいしき)が一般的になっています。このとき、遺体の目や口が開いていたら閉じてあげるようにします。

また、遺体の耳や鼻、口、肛門などに脱脂綿をつめ、汚物が出るのを防ぎます。

こうした処置は通常、病院の看護婦が行ってくれますが、手伝いを申し出てもかまいません。

着替えをさせる

遺体を清めたら、すぐに着替えをさせます。仏式では死装束として、白い経帷子(きょうかたびら)などを着せていましたが、最近では新しい浴衣や寝巻き、あるいは本人がもっとも好んでいた服を着せることがおおいようです。また、本人が死装束を生前に決めておくケースもあります。

遺体は死後硬直が始まり、時間が経つと着替えさせるのが困難になります。もし、死装束として着せたい衣服が決まっているなら、早めに用意しておくことが大切です。もし、着替えさせられなかった場合は、遺体の上にかけてあげるようにしましょう。

死化粧をする

遺体を少しでもきれいに整えて旅立たせてあげるために、死化粧をほどこします。できるだけ安らかな顔で、弔問客とのお別れができるようにします。

ただし、地域によっては死化粧を行わないところもあるので、確認しておきましょう。

死化粧のしかた

  1. 髪を整え、手足の爪が伸びていれば切ります。
  2. 病によるやつれが目立つようなら、口に脱脂綿などを入れ、ほおをふっくらとさせます。
  3. 男性なら髭を剃り、女性は口紅、頬紅などで薄化粧をします。
PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.