納棺から納骨までにやっておくこと

還骨法要・初七日の法要をする

遺骨を後飾りの祭壇に安置して、還骨回向(かんこつえこう)の読経をしてもらいます。最近は初七日の法要も同時に営むことが多いようです。

還骨を迎える

還骨は火葬がおあったら四十九日の忌明けまで、位牌や遺影とともに後飾りの祭壇に安置します。忌明けまで毎日灯明をともして、故人の冥福を祈ります。

また、後日訪れる弔問客にはこちらにお参りしてもらいます。この後飾りの祭壇は、火葬場に同行しない世話役や火葬社の人に用意しておいてもらいます。

後飾りの祭壇は通常2〜3段で、小机や箱に白布をかけて作ります。仏壇の前か、仏壇がなければ部屋の北もしくは西に設置してください。

火葬場から帰ってきたら、家に入る前に火葬場に同行しなかった人に玄関でお清めをしてもらいます。あらかじめ用意してあった桶の水を指先に、塩を肩や胸にかけてもらいます。ただし、お清めをしない宗派もあります。

お清めのあと、持って帰ってきた遺骨を位牌や遺影とともに後飾りの祭壇に安置します。

還骨法要をする

還骨法要とは、火葬をしたあと、遺骨を後飾りの祭壇に安置するときに営む法要のことをいいます。

遺骨を後飾りの祭壇に安置したら、僧侶に読経をしてもらいます。それから僧侶の指示によって、喪主から焼香し、全員が焼香します。

この還骨法要は、そのあと引き続き精進落としに移行することができるように、葬祭場や料亭などで取り行われる場合もあります。

初七日の法要をする

仏教では亡くなってから四十九日の忌明けまで7日ごとに法要を行います。

その最初の法要が初七日で、死者が三途の川のほとりに着く日であるとされています。

したがって、本来ならば故人が亡くなって7日目に行うものですが、最近は遠方から葬儀に来ている親族への配慮などから、還骨法要と合わせて営まれることが多くなっています。この場合、付七日(つけなのか)といいます。

ちなみに、還骨法要と初七日を合わせて行う人の割合はほぼ100%です。

PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.