納棺から納骨までにやっておくこと

納骨をする

遺骨をお墓に納めることを納骨といいます。納骨の際には、身内で集まり納骨式をして僧侶に読経してもらいます。

納骨の準備をする

地域によっては葬式当日に納骨するところもありますが、一般的には、四十九日の忌明けの法要とともに行うことが多いようです。また、三十五日の法要の日に行うこともあります。

まず、読経してもらう僧侶に納骨の日程を調整してもらい日取りを決めます。供養の卒塔婆(故人の供養のために墓石の周囲に立てるもの。細い板に故人の戒名や施主の名前、日付などが入れられる)を立てるのであれば、このときに一緒に依頼しておきましょう。

また、墓が霊園にある場合は管理事務所にも連絡します。参列者へは法要の案内状を送る際に、納骨する旨を伝えます。

納骨式を行う

納骨をする際には納骨式を行いますが、これは遺族や親族など、ごく親しい人々のみが集うのがふつうです。当日は死体埋葬許可証を忘れずに携帯します。

また、線香やろうそく、生花、供物、桶、ひしゃくなどを用意しますが、これらは寺院や霊園の管理事務所で購入したり、借りたりすることもできるので確認してください。納骨式は下記の手順で行います。

  1. 納骨室を開けてもらい、遺骨を納める
  2. 花や線香、ろうそくを墓前に備え、卒塔婆(そとば)があれば、それを墓石の後ろに立てる
  3. 僧侶の読経を聞く
  4. 焼香する

参列者をもてなす

ふつう、納骨が終わったら、僧侶や参列者を招いて会食を行います。会食は、自宅で仕出しを頼んだり、料理屋やレストランに行ったりとさまざまのようです。

はじめに、遺族の代表者があいさつしますが、ごく簡単に参列へのお礼を述べる程度で十分です。

散骨する場合

散骨とは遺骨を自然の海や山にまくことをいいます。最近は遺骨を細かく砕き、他人に迷惑をかけないようにすれば、散骨をしてもかまわないと認められています。

散骨は大手の葬儀社などに依頼します。

納骨にかかる費用

納骨は、まず納骨室に遺骨を納骨するための埋葬料を支払います。金額はだいたい1〜5万円くらいが相場です。

また、僧侶に納骨式で読経や卒塔婆をお願いしたときは、そのお礼としてお布施を渡します。お布施の金額は親族の年長者か葬儀社の人に相談するとよいでしょう。

さらに、納骨の手配を葬儀社に依頼するときは、葬儀社に作業料を支払います。

これらの納骨にかかる費用は、僧侶へのお布施も含めてだいたい5万円くらいからとなります。

また、参列者を会食でもてなす場合は、これに飲食費がかかります。

PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.