納棺から納骨までにやっておくこと

精進落としを催す

精進落としは、最近では僧侶や世話役の人たちのねぎらいを目的として、葬儀・告別式当日に催すことが増えています。

精進落としとは

仏教では忌明けの四十九日忌までは、肉や魚を断った精進料理を食べるものとされています。その忌明けの日に通常の食事を食べ始めることを精進落としといいます。

最近では、僧侶や世話役の人たちの労をねぎらうという意味が込められ、葬儀当日に催されるケースが多いようです。ですから、料理も世話役に世話をかけないよう、仕出しなどを用意します。また、自宅で催す場合は、遺族も配膳などを手伝いましょう。

喪主があいさつをする

精進落としの席次は、僧侶が出席する場合は最上席に案内します。続いて世話役代表、世話役の順に座ってもらい、遺族は末席に座ります

全員がそろったところで、喪主のお礼のあいさつから精進落としを始めます。

会食をする

会食の席では、遺族は世話役の席をまわって各人にお礼を述べ、酒や料理などをすすめます。

また、遺族が一同に会していることもあり、この席を利用して今後の法要の打ち合わせなどもしておくとよいでしょう。

会を終える

葬儀の後で皆疲れていることもあり、精進落としは通常1〜2時間でお開きとします。

会を終えるときも、喪主があいさつをし、最後にあらためてお礼を述べます。

精進落としの後片付けは、世話役にまかせきりにせず、遺族も一緒に手伝いましょう。

僧侶が精進落としに出席しない場合

僧侶が精進落としの席に出ない場合は、御膳料としてお金を包んで、僧侶に渡します。これはお車代とは別に包むものです。折り詰めなどと一緒に僧侶が買える際に渡すとよいでしょう。金額は1万円くらいがもっとも多いようです。

精進落としを催さない場合

都合により精進落としを催さない場合は、通夜振る舞いを催さない場合と同じように、折り詰めの料理とお酒などをセットにして持ち帰って頂きます。遺族が出口のところで渡しますが、その際、返礼品などの他の荷物もひとまとめにしてあげると丁寧です。

PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.