納棺から納骨までにやっておくこと

法要を行う

法要は遺族や親族が集まり、僧侶に読経してもらい焼香します。そのあと、皆で墓参りをして会食をします。

身支度をする

法要の服装は、葬儀ほどきちんとしたきまりはありません。とはいえ、比較的参列者の多い一周忌や三回忌までは遺族は喪服でのぞむほうがよいでしょう。以降は、地味な平服でもかまいません。

法要を進行する

法要の一般的な式次第は以下のとおりです。

  1. 施主のあいさつ
  2. 僧侶の読経
  3. 参列者の焼香
  4. 僧侶の法話
  5. 墓参り
  6. 会食

墓参り

墓前で僧侶が読経したのち、施主から順に墓に水をかけます。線香や花も一緒に供えます。卒塔婆は墓の後ろか横に立てます。

会食

法要での会食はお斎(おとき)といって、精進料理となります。ですが、最近ではあまりこだわらなくても問題ないようです。

席次は僧侶が最上席で、遺族は末席に席を取ります。

あいさつと引き出物

会食をする場合はその席で、会食をしない場合は墓参りのときなどに、施主が参列へのお礼を述べます。また、参列者が帰る際は引き出物を渡します。品物は菓子折りやお茶、シーツなどの実用品がよいでしょう。表書きは粗供養(そくよう)、志とします。

PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.