納棺から納骨までにやっておくこと

僧侶にお礼をする

通夜や葬儀の読経や戒名などに対する僧侶へのお礼は、お布施として後日あらためてお礼に伺って渡すものとされています。

お布施を用意する

通夜や葬儀よびそれに関わる儀式のときにあげる読経や、いただいた戒名などに他意うる僧侶へのお礼のことをお布施といいます。

お布施は半紙で包むか白封筒や不祝儀袋に入れ、御布施と表書きをして渡します。水引はかけません

金額には特に決まりはなく喪家の志で適当と思われる額を包みます。金額の目安がわからない場合は、葬儀経験のある年長者や葬儀社の人に相談するとよいでしょう。

また、最近では尋ねれば具体的な金額を教えてくれる寺院もあるようです。

なお、僧侶を2人以上招いた場合には、お布施の金額は人数分に増やしますが、包は一つにまとめて渡すようにします。

お礼に伺う

一般的には、葬儀が終わった翌日に喪主と親族の代表とであらためて寺に伺い、お礼を述べるのが望ましいとされています。遅くとも一両日中には伺いたいものです。

僧侶に遠方から来ていただいている場合や後日の都合がつかない場合は、葬儀当日までに渡しておくようにします。

最近は、通夜のあとで喪主が僧侶にあいさつをする際にお布施を渡す人が多いようです。

お布施を渡すときは、お盆に乗せるか、菓子折りなどと一緒に差し出します。

神式やキリスト教の場合

神社へのお礼は、御礼、御神饌料(ごしんせんりょう)、修祓料(しゅうばつりょう)、上などと表書きをして、斎主や神官などに渡します。

教会へは、献金という形でまとめてお礼を渡します。表書きは、記念献金や御礼とします。献金とは別に、神父や牧師などに個人的にお礼をする場合は、御礼と書いて渡します。

PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.