納棺から納骨までにやっておくこと

世話役と引き継ぎをする

受付帳や弔電、弔辞の受け渡し、香典の集計など、世話役の仕事の引き継ぎは葬儀後なるべく早いうちにすませます。

必要なものを受けとる

精進落としが終わったら、世話役の役目も終了となります。あとあとの面倒やトラブルを避けるためにも、できれば精進落としのあとに時間を設けて、これまで世話役に依頼していた仕事の引き継ぎをすませておきたいものです。

まず、それぞれの係から下の表に挙げたような書類や香典、弔辞や弔電などを受け取ります。

そして必要に応じて、世話役や世話役代表と一緒に確認を行いましょう。

世話役から受けとるもの

係名 受けとるもの
受付係 受付帳・供物帳・弔問客の名刺
進行係 弔辞・弔電
会計係 香典・香典帳・出納帳・請求書・領収書

確認をする

葬儀全体の新行為おける反省点や報告、諸費用の出納などについて各世話役と確認をしていきます。

確認にあたっては、トラブルをさけるためにも世話役代表に立ち会ってもらいましょう。

受付係

受付時間の問題点など、気付いたことについて報告を聞きます。

進行係

葬儀の進行について問題点がなかったかを聞いておきます。

会計係

一緒に香典と香典帳を照らし合わせ、金額を集計します。同じく出入りしたお金と領収書や請求書の金額が合っているかどうか出納帳をチェックし、未払のものがないか確認します。もし支払っていないものがあれば、ただちに支払います。これらの作業はトラブルをさけるためにも世話役代表に立ち会ってもらうとよいでしょう。

葬儀にかかる費用は、相続税の控除の対象となるので、領収書などは忘れずに受け取り保管しておきます。

また、通夜や葬儀の際に自治会や近所の人から借りたものがあれば、すみやかに返却します。

世話役がお金を立て替えている場合

飲み物代や文具代など、世話役が費用を立て替えていることが多々あります。引き継ぎの際に費用の立替などがないか確認し、あればすぐに精算します。金額が少ないと本人からは言い出しにくいこともあるので、こちらから声をかけるように配慮しましょう。

PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.