納棺から納骨までにやっておくこと

あいさつ回りをする

葬儀でお世話になった人に、初七日までにあいさつに伺います。故人の勤務先に伺った際には、事務手続きもすませましょう。

あいさつ先を決める

あいさつ回りとは、葬儀でお世話になった人や会葬者のところに喪主や遺族があらためて伺い、お礼を述べるものです。以前は、忌明けまでは遺族は外出を慎むという風習から、あいさつ回りには遠い親戚が二人一組で行っていましたが、最近は喪主や遺族が直接出向くようになってきています。また、会葬者へは会葬礼状ですませ、特にお世話になった人のみ伺うようになっています。具体的には下記のようなところです。

  • 世話役代表や世話役など葬儀でお世話になった人
  • 故人の恩人
  • 故人の会社関係の人
  • 町内会および隣近所の人

あいさつに伺う

世話役代表には葬儀の翌日に、それ以外の人でも初七日のうちにあいさつに伺うようにしたいものです。

また、あいさつ回りに伺う際は喪服の着用が正式とされていますが、実際は準喪服や地味な平服が多いようです。

世話役代表、世話役

葬儀の折にお世話になったこと、葬儀が無事にすんだことのお礼をあらためて述べます。

葬儀当日に心づけを渡していれば、特にお金を包む必要はありませんが、菓子折りやハンカチなどの実用品を持参することが多いようです。

故人の恩人など

会葬のお礼をするとともに、これまで故人がお世話になったことに他意うるお礼を述べます。

伺う際には、菓子折りなどのお礼の品を持参するとていねいです。

故人の会社関係の人

葬儀に来て頂いたお礼や、手伝いなどしてもらった場合には、そのお礼も合わせて述べます。皆で分けられる菓子折りなどを持参すればよりていねいでしょう。

また、各書類の提出や返却など事務手続きもすませます。私物の引き取りや返却物などもありますので、必要な手続きを事前に確認してください。

町内会および隣近所の人

葬儀を手伝っていただいたお礼や会葬者の出入りなどで迷惑をかけたことへのお詫びをします。特にお世話になった人にはタオルなどの実用品や菓子折りを渡すとよいでしょう。

すぐにあいさつ回りができない場合

葬儀後すぐに、あいさつ回りに出向くことができない場合は、手紙や電話などでお礼を述べるようにします。

その際、すぐにあいさつに伺えないことを詫び、また日をあらためて伺いたい旨を伝えましょう。そして、なるべく日がたたないうちにあいさつ回りに伺います。

あいさつ回りに伺った件数とお礼の品の金額の相場

あいさつ回りに伺う件数は5〜6件くらいが一般的です。おもに、世話役代表や世話役、隣近所の人にあいさつ回りをする人がほとんどです。お礼の品の金額の相場は2,000〜3,000円。品物はタオルや菓子折りなどが多いようです。

PAGETOP
Copyright © 終活の準備チェックリスト All Rights Reserved.